お茶など販売中です

ぶっつけ本番の革細工のやり方


革細工をやってる。

僕じゃなく、野遊が!

ホームスクーラーの友達に影響されて。
今年の夏、滋賀の山奥で開催された山水人という祭りで。
その祭りにも、一人で行ったし。


この革細工道具一式は、神戸の現場で前田さんから借りたもの。

現場で野遊が、
「革細工やりたいなー。」
「この前友達が作ってるの、見てな。」

と話してたら、前田さんが、
「うちに使ってない道具セットがあるで!」

すぐさま野遊は、
「貸してもろてええですかー!」

という、素早い展開だった。


これは、蜜蝋の塊に糸をこすりつけて、糸の耐久性を上げる工程。


革を重ねて。


クリップで留める。


ポンチで穴を開ける。


木製のクランプで挟んで縫う。


針を二本使い、両方から縫ってゆく。


ジャン!


上手く出来てる。


マチをつけてあって、使いやすそう!

と、これらは最終日の完成する直前の写真。

最初は、ネットでやり方を調べて、
型紙を作り、
革を裁断して、
それぞれの部品を揃えて、、、。

と、何週間もかかってる。

上手くいって、どんどん進む時と、
先が見えずにヤキモキする時もあったと思う。

それでも、こうして一つの形になれば、達成感は大きい。

誰からも教わらなくても、ネットで調べてこのぐらいの事を成し遂げるのは簡単。
ほんと、いい時代やねー。
こういう事の積み重ねで、色んな事をセルフでこなすハードルが下がってゆく。

早速次は、大工仕事用の腰袋を作ろうと意気込んでる。
一つ進むと自然と次へ行きたくなるもの。

僕は全くタッチしてないので、横目で見てて、
「へ~、そやって作るんやー。」
「難しそー。」
と、革細工の事は全く分からない。

しかし!
ぶっつけ本番で、
イキナリ取り組んで、
それが形になった時の歓びは山ほど経験してる。

その一つ一つの積み重ねだ!
途中、失敗もある。
「どうしよ~。」と全く分からずに、不安にサイナマレル事などしょっちゅう。

それでも、どんどん実践を重ねる事だ。

それが、こうして廃材の家のセルフビルドなり、エネルギーの自給まで成し遂げる原動力なのだ!!!

廃材天国HP
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA