お茶など販売中です

【天ぷらカー】天ぷら油貯蔵タンクの作り方を解説

天ぷらカーの燃料である、天ぷら油の貯蔵タンクの増設を思いついた。


一号タンク。


二号タンク。


今、一号タンクが一杯になっており、回収してきた油が待機してる。
既に長期沈澱済みの二号タンクから使う分づつ出しては、最終濾過をするので、二号タンクには入れられない。


三号タンク用のもの。


この真鍮製のバルブには「ストップバルブ」と「ゲートバルブ」というのがある。
ストップバルブはパッキンにゴムが使われてるので、ゲートバルブの方を使う。
パッキン類は植物油による侵食の恐れがあるので、出来る限り使いたくないから。


まず、ホールソーで穴を開け、サンダーでよく磨く。


バルブ取り付け用の口をつける。


裏から土歩にモンキーで締めつけてもらう。


シールテープを巻きながら配管する。
シールテープは少なすぎても、多過ぎてもいけない。


チェーンソーで台にする角材をカット。


一応ビス留めして固定。


最後にジグソーでタンク上部につけるステンレスザルを受けるための部品を作る。


ここで天かすを漉し取る。


三号タンク完成と同時にほぼ満タンになった。

大抵、天ぷらカーオーナーは自給自足系が多いので、遠出の途中「余裕があれば寄って油もらいたいんやけど。」と連絡があれば、物々交換で油を供給する。
四万十塾のとーるさんはダバダ火振りを持って来たり、長野の「なかや」とは自家製の雑穀やエゴマという貴重な品と交換した。
でも、物々交換のデメリットとして、既にうちが生産してるものや、欲しくないものでは成り立たない。

それと天ぷらカーを導入してはいるものの、潤沢に油が回収できていないという者もいる。
もちろん、天ぷらに切り替えなければ軽油で普通に走れるから、問題はない。
でも、折角天ぷら油で走れるのだからもったいない。
既に県内の一台のオーナーは時々「分けてくれる?」というので、相談して格安で販売してる。

「集められる所でガッツリ溜めよう!」という事で、天ぷらカーのプロ「満月屋」の岩本さんは2tの備蓄を目指してるとか。
うちもそこまでは行かなくとも、溜めていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA