お茶など販売中です

コンパネで卓球台を自作した

最近、部屋の中のテーブルで卓球ごっこが流行ってた。
ラケットも野遊が廃材で自作して。

それが、おばあちゃん(毎週仲間と集まって卓球してる)に本物のラケットをもらった。
で、野遊は「卓球台 サイズ」とか検索して、本物の台を作ろうとした。


まず廃材を選んで、採寸とカット。


コンパネの悪い部分は僕が丸のこで切る。
かつて解体現場に通い、獲ってきた廃材コンパネなので、端が悪かったりする。


カットしたコンパネに切った角材を置く。


裏からビス留め。


最低限裏から留めた後はひっくり返して、厳重に留める。
土歩は余った角材をカット。


角を磨いて。


完成。
ネット代わりの薄いベニヤ板も「卓球 ネット 高さ」で調べると出てきた。
コンテナ2段重ねの台は本物よりは少しだけ低いけど、子どもたちには丁度よかった。


以外と大きいし重さもソコソコあるんで、引っ掛けて収納する手段を考えた。
6㎜厚の鉄の廃材でフックを作ろうとして、丁度あっこちゃんが晩ご飯を作ってたので、焚き口で焼いて曲げる。


薪生活は鉄工に便利。
トーチバーナーがなくても、熾き火に突っ込んでおくとすぐに真っ赤になって簡単に曲がる。


水で冷やして完成。


こんな感じで上手くいった。
片方のフックが長過ぎたんで、上に廃材を足して調整した。
こういうのは考える前に瞬時に手が動く。

という訳で、卓球台の自作と普段の収納まで、いつも通り全て廃材で賄えた。
スポーツデポとか行くと、2万代で本物の卓球台売ってるけど、子どもたちが遊びでやるのはこれで十分。
まあ、卓球をしたいというのも目的やけど、この「廃材で卓球台を自作する」というプロセスそのものが遊びであり楽しみ。

角材のサイズ各種、コンパネ、ベニヤ板、鉄材などふんだんにストックしてあるので、こういう風に思い立った次の瞬間行動に移せる。
道具や工具も年々充実させてるし、それに伴ってスキルやノウハウもどんどんアップする。

この子どもらが廃材建築をやるようになったら頼もしい限り!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA