医、食、住、エネルギーの自給を実現した「廃材天国」でエコ&ロハスな自給自足生活を楽しむ!

廃材天国とは

廃材天国とは

香川県丸亀市郊外の開発地帯にある廃材利用のセルフビルドハウス
そこで僕ら夫婦と3人の子どもたちの5人家族での自給自足をベースにした生活。
医食住エネルギー教育アート、と人生に必要なものを自給する生活。。



廃材天国の様子がよく分かります。
※11分ころから23秒ほどブランクがありますが、続きがありますので最後までご覧ください。



コンセプト

自分の人生は自分で切り開く!
人任せ、金任せじゃない。
キーワードは「自由」と「責任」
自分たち家族のことに責任を持って取り組む生活。
「自給自足」はツールの一つに過ぎない。


住居

二軒目の廃材の家。
買った材木は一本もナシ
正真正銘の廃材の家。
基礎の石や木の電柱、アルミサッシ、畳、屋根瓦など材料という材料は全て廃材。


母屋(30坪)

ストローベイルハウスからヒントを得て、廃材積み木建築
50㎝厚の積み木壁の外側に土壁を塗った。


陶芸の工房(12坪の2階建て)

木の電柱の独立基礎
高床式の床、壁は全て4寸角の角材で出来てる角ログハウス。
この二階部分が陶芸の工房であり、展示室にもなっている。


五右衛門風呂

ホーロー引きの五右衛門釜は知り合いの納屋に眠ってたものを譲り受けて作った。


コンポストトイレ

自作コンポストトイレの中身はモミガラと米ぬかで堆肥化する


道具小屋

600坪の廃材天国における最初の建物。
チェンソー、電動工具、エア工具、溶接機、諸々の廃材建築に必要な道具を擁する小屋。
ここで天ぷらカーに使う廃油の精製と貯蔵も行う


田畑


3反の田んぼ

田んぼでの稲の栽培。
トラクターで耕起し、手植え無肥料除草剤ナシ天日乾燥でのお米作り。
無農薬お米作りのネックになる除草作業はもっぱらジャンボタニシがやってくれている。


不耕起の畑

廃材天国敷地内の小さな菜園。
ここで日常の野菜を自給する。

耕さず、肥料を施さない。
虫や草を敵としない農法。
もちろん農薬除草剤不使用

参照
福岡正信「自然農法」
川口由一「妙なる畑にたちて」


自然養鶏

6羽の鶏を平飼い(しばしば放し飼い)で飼う。
餌は自分の所のクズ米米ぬか出汁カス牡蠣ガラ

参照
中島正「自然養鶏」


エネルギー


水道じゃなく井戸

水道は引いてない。
手掘りの井戸が水源だ。
キッチン風呂洗たく菜園の水やりとふんだんに使っても、涸れたことはない。


ガスはなく薪の生活

ガスや灯油、IHではなく、薪で一日3食料理する


電気は廃材ソーラーパネルで発電

 
何と、ソーラーパネルまで廃材利用
お隣の愛媛県で建て替える家に乗ってるソーラーパネルが出た。
それを自分で外しに行って、廃材天国の軒に取り付けた。


天ぷらカー

中古のディーゼル車を廃油で走れるように改造。
BDFではない。
BDFは(バイオディーゼルフューエル)の略。
ウチのはSVO(ストレートベジタブルオイル)に属する、WVO(ウェイスティッドベジタブルオイル)という廃油利用の車
 

手作り生活


料理

毎日の3食は薪で炊いた手植えの無農薬玄米菜食が中心。
とはいえ、菜食主義とは一線を画する
瀬戸内のマクロビオティックを自分たちなりに実践。
「身土不二」「一物全体食」
朝は伊吹島(瀬戸内海の島)のいりこ(煮干し)で出汁を引いて、自家製の味噌自家製の漬物梅干しなどの保存食での朝食からスタートする。


保存食

梅干し、味噌は一年分作る


子育て&教育

自宅出産

3人の子どもたちは自宅出産。
上の男の子二人は産婆さんに来てもらっての自宅出産。
末の娘は夫婦二人での自力出産


ホームスクーリング

子どもたちは自分の選択で学校に行くかどうかを決める。
今現在、11歳の長男は毎日学校に通う。
9歳の次男はホームスクーリング
5歳の長女も保育園や幼稚園に行っていない。


医療の自給

予防医学

基本は玄米菜食やマクロビオティクの理論に基づき、医食同源の予防医学を実践。####

病院には行かない

大抵の病気は自分たちで対応する。
ビワエキス梅肉エキスなど手作りし、ビワの葉温灸などを実践。

参照
東城百合子「自然療法」
大森一慧「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」


唯一のかかりつけは歯医者

香川県内にある「松見歯科」は歯科医の領域を超え、ホリスティック医療の先駆者であり、秋山家は10年以上定期的に診てもらう。
そこでは歯の治療に留まらず、「免疫革命」の安保理論の血球中のリンパ球と顆粒球のバランスの検査というマニアックな診察を受ける。


稼業


焼き締めの陶芸

20代前半に備前焼で弟子入りをして、現在も陶芸家としての活動もする。


移動式ピザ窯でのイベント出店

自作の移動式ピザ窯で、県内各地のイベントに出店。
彰子のマクロビスイーツ玄米ライスバーガー玄米オムスビ玄米珈琲ビワエキスビワクリームなども同時販売する。


出張廃材建築

ウチに集まる廃材を利用して、依頼のある現場に駆け付ける。
今までに、20坪の倉庫を新築、10坪の納屋をリフォーム、50坪の古民家の解体、他小さな物置きなど多数手掛ける。


ピザ窯作りワークショップ

今までに20基のピザ窯を築く。
材料の段取りをふまえて、参加者を募り、土日での二日間でピザ窯を完成させるワークショップ。

a:24782 t:3 y:13

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional