お茶など販売中です

【バイオトイレ】水洗トイレの便座の設置方法

トイレ工事の記事も長くなってきた。
もうちょっとで終わるので、付き合ってね。

まずは、廃材天国のコンポストトイレを大小分離式にしようと思い立った編

「あ・うんユニット」の情報に出会い、既存トイレの解体編

(トイレ工事その1)石張り編

(トイレ工事その2)丸太の壁編

(トイレ工事その3)アンティーク蛇口設置編

(トイレ工事その4)廃材石と天然石の洗面台編

(トイレ工事その5)ウェーブした土壁編

(トイレ工事その6)ユンボで掘削編

(トイレ工事その7)「あ・うんユニット」設置編


いよいよ、便器の設置。
TOTO製の節水型にした。
大洗浄4.8ℓ、小洗浄3.6ℓ。

40年も昔のトイレは、大洗浄13ℓと凄く水を使ってたそうな。
それから8ℓになり、今回採用した4.8ℓ、超節水型では3.8ℓという所まで来てる。


この石の床に設置する。


VU100の塩ビ管に、便器本体に付属してきた排水アタッチメントを入れる。


石にハンマードリルで穴を開けて、プラグを入れる。
プラグが不要の「ノンプラビス」という製品もあるが、
プラグ+プラグ対応の径のタッピングビスという組み合わせが強い。


排水の両脇にプラグを埋め込んだ。
手前の白い部品も便器を固定するためのビスを受ける「固定片」という付属の部品。


排水アタッチメントに差し込む。


専用のビスで固定する。


キャップをして完成。


次はタンク。


底に専用のボルトとパッキンをつける。


便座に差し込んで。


こういう状態。


専用のプラスチックのナットを手締めして完了。


タンク内の部品の設置。


パチッと簡単に取り付けられる。


レバーの取り付け。


差し込んで。


プラスチックのナットで固定。


最後にタンクの方と連動させる。


これで完成。


いよいよ給水工事。
井戸のポンプを止めて、キャップしてあったVP16の管を切る。


バルブソケットのオスを接着。
ちょっと傾いてる。


トーチバーナーで軽く焙って。


真っ直ぐになった。
トーチで焙るのは、接着を外す時の技でもあるので、
再度塩ビボンドを塗って、接着し直した。


シールテープを巻いて。


止水栓を取り付ける。


パッキンを乗せて、便器の給水ホースを取り付ける。


バッチリ。
止水栓の位置がギリギリではあったが、上手くいった。
これ以上便器と止水栓の位置が離れると、フレキホースで延長しないといけない。


最後のタンクの部品の取り付け。


乗せるだけ。


最後の蓋部分。


裏からプラのナットで水栓を固定。


下の給水口に上手く差し込む。


ソーッと置く。


完成。


井戸ポンプの電源を入れて、一発目の洗浄!
バッチリ流れた!!


手洗いも問題なし。


「あ・うんユニット」内にちゃんと流れてきたーーー!


あっこちゃんと子ども達の要望で、木製の便座にした。

という、便座の取り付けの一連の工程。
ウォッシュレットなり、シャワートイレがよければ後で付けられるが、うちでは要らない。

アレらの普及は、
「ウンコがお尻について何回拭いてもついてくるわー。」
という、経験の人のアイデアやと思う。

ちゃんと繊維質(玄米や野菜など)を摂る食生活では、ウンコ切れがよく、
そんな事にはならない。
「拭いたけど、一度もウンコがつかんかったー。」
という事もしばしば。

先日のケアンズへの旅では、外食も多く、
ゲストハウスでもパンを買って食べたりしてた。
するとテキメン、ウンコの状態が変わってたもん。

ウンコの状態は健康のバロメータ。
腸内がいい感じに発酵してたらオナラもあまり臭くないし。

お腹の中で発酵して、「あ・うんユニット」の中で発酵して分解される。
ここまでで、完全に透明な水に浄化される。
そして、液肥として畑へ行って更に土の中の微生物と一緒に発酵する。

「発酵」と「腐敗」は紙一重。
いい循環が成り立てば、常に腐敗せずに発酵を続けられる。
ちょっとした習慣でね。
ここが健康と病気の分かれ道だぞ。

後は「あ・うんユニット」のバイオ資材の仕込みを残すのみだ!!!

廃材天国HP
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA