お茶など販売中です

【バイオトイレ】あうんユニットの液肥を畑に散布

バイオトイレ「あ・うんユニット」が始動して、約10日ぐらい。

トイレ工事、全体の流れ


日々、菜園の脇に据えたタンクに浄化された水が送られる。


水中ポンプ。
これを黒いタンクに入れて、菜園に水遣りする。


結構重い。


ホースを延長して、キッチンの前の菜園まで届くようにする。


ドバーーー!


一箇所から、全部届く程の勢い。


インゲンが順調に育ってる。


トマトも。


楽しみ~!


ナスもいい感じ。


キュウリはボチボチ成り始めてる。
最初は味噌につけるだけで新鮮な美味しさを味わう。


ツルムラサキは毎年自然発芽してくれる。


刺身に、冷奴に欠かせないシソ。


オクラも順調。


ピーマンはまだ小さい。


ズッキーニも成り始めてるけど、順調には見えない。


子ども達が期待のスイカ。


混在するサトイモとジャガイモ。


カボチャもいい感じ。

と、やっと端境期を抜け出しつつある菜園。
まだ液肥の効果の程は見えないが、極めて順調な夏野菜。

自給自足を始めるに当たって、家庭菜園は必須と思われがち。
もちろん、野菜の自給は意義深い。
何より売ってる野菜とは味が違う。

しかしだ。

無農薬の美味しい野菜も、市販の味付けでは活かされっこない。
ハウスのカレールー、オタフクのソース、キューピーのドレッシング、ヤマキめんつゆ、デンルモンテのケチャップ、、、。
これらを使うぐらいなら、スーパーの野菜を一から手作りの調味料で料理した方がずっといい。

時間がなくて忙しいけど、自給を目指したいという方へプレゼント。
野菜を作るより、ドレッシングを作れ!

何が言いたいのかと言うと、
自給とは、野菜を買わなくていいというレベルのもんじゃあないのだ。

自分好みの味付け。
自分の納得する料理。

感動的な夕食は、一年にたったの365回しか作る事も食べる事も出来ないのだ。
その中での旬の組み合わせたるや、一期一会。
ちょっと前なら、ソラマメとサワラの真子の煮付けとかね。
正に年に一回の感動だぞ。

この感動のための生活。
自分の求める芯からの納得。
それを自給するんだ!

真に美味しい感動を得るためには、結局野菜も調味料も自分で作らんとねー!!!

廃材天国HP
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA