お茶など販売中です

【減築現場】内装工事、見切りの入れ方

神戸の築50年の民家の減築工事。

前回はスズメバチの記事で、先週の工事の進み具合を報告出来てなかった。
先週の作業で5週目を迎えた。

内装工事のフロア張りや壁面の羽目板張りのコツコツとした作業。
それぞれに各パートに分かれての個人プレーで進める。
最初の怒涛のリレー作戦のような一体感はないが、休憩前に他の所を見ると、
「おおー、出来てる~!」
と触発される。

出発編

屋根解体編

二階部分の解体編

新たな小屋組編

内装始まり編

内装工事本格化編

スズメバチが舞う中の石運び


先週の月曜日に行くと、屋根が出来てたーー!!
ガルバリウム鋼板の瓦棒葺きの金属屋根。


薪ストーブの煙突を屋根出しするための部材、フラッシングも届いた。


フラッシングを入れるための開口作業。


台所も作業台にスライド丸ノコを置いて、料理する余地はなくなった。


なので、完全に外キッチン化した。
流し台は淡路のしょうたくんの出店用のもの。
廃材利用の折り畳みシンク。
地面が平坦じゃなくても、対応する可変式の足という凝った作りになってる。


休憩もココ。

いくら設備環境が悪化しようとも、毎日3食の料理は完全に一から手作りというスタンスは妥協しない。
基本的には僕が賄いを担当してる。
快適な労働環境において、3食の食事ぐらい大事なものはない。


台所の土間部分の壁面。
土間部分はキレイな羽目板じゃなく、ラフにに野地板でいって欲しいと施主の福田さんからの要望。


屋根裏の天井材も野地板。


ただ、野地板は乾燥に伴い収縮してスキマが出来るので、薄い板を間に打って見切りとした。


台所は吹き抜けのようで気持ちいい。


天井の見切りはこんな感じ。


これは換気扇のための開口。


こんな感じ。


枠を作って中から固定した。


サッシ枠を取り付けたり。


部屋側からのビュー。


額縁的な見切り材を入れる。


天井材や壁面材の取り合いにも見切りを入れる。


こういう角部分に見切りを入れる。


これがアフター。


玄関ホール部分の壁面は山口のしょうたくんと前田さんが担当。


外壁のアスファルトフェルト張り。


その上にラス網を張る。


外壁の下地も出来た。

という流れで、順調に進んでる。

このチームワークは特筆すべきものがある。
いつも手伝ってもらってる淡路のまさに山口のしょうたくん、他には自給自足合宿や廃材天国見学会に来てくれた繋がりで常に7~8人体制での現場作業。

野遊も現場に行きたくてしかたないよう。


先々週の現場が終わってから、滋賀の山水人(やまうと)に10代の自由な生き方のゲストスピーカーとして行ってきて、また先週の現場。
これは、山水人で同世代の子が革細工をしてて、現場で話してたら、前田さんが「道具持ってるで。」という流れで、夜な夜なチクチクしてた。

ずいぶん進んでは来たが、今週はいよいよ石張りの作業に入る。
外壁の漆喰もあるし、まだまだやるぞ~~~!!!

廃材天国HP
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA