お茶など販売中です

【危険】3tを超えるコンテナハウスを古電柱の上に乗せてしまった

廃材天国で、コンテナハウス利用のゲストハウス作りをやってる。

計画の経緯、Airbnb、民泊新法の説明

電柱置き場作り

独立基礎の電柱完成

コンテナを乗せる準備

さあ、いよいよ以前作ったコンテナハウスの回収だーーー!!


その前に、、、。
この右の道路からうちの敷地は、30㎝ぐらい低い。

元々の農地のまんまで特に造成などしてないから。
廃材の家の母屋を建てる時はその部分だけ30cm花崗土を入れて、嵩上げした。


廃材天国の象徴でもある、屋根にふんだんに使った廃瓦がまだまだある。


軽トラダンプで運び込む。
ユンボとダンプの組み合わせは最強。
例え軽トラダンプと言えどもあなどれない。


瓦をユンボで踏みしめる。


これは近所の同級生の土建屋の残土。
残土にも色々あって、混じり気のない花崗土以外はほぼ残土となる。
なので、花崗土混じりのよく締まりそうな土を持って来てもらう。
残土は廃材なのでもちろんタダ。


こんな感じ。


これらのコンテナを改装して約一年間!
依頼してきた県内の坂出市江尻町の会社の敷地に置いてあった。
完成後、2~3ヶ月で、その会社が不渡りを出し、支払い能力がない事が判明。
百数十万円の請求は支払われないまま、数ヶ月、、、。

で、
「コンテナだけに現物回収でもらいまっさ!」
という事で双方納得した。

どうせ、うちの敷地に置いて物置にしたって、しゃあない。
「そうや!」
「ゲストハウスにしよう!!」
と閃いた。


ガルバの波板の屋根の下にフックがある。
両サイドの波板は傘釘じゃなく、ビスで留めて、すぐに外せるようにしてある。


こんな感じ。
ブルーシートの下には断熱材が入れてある。


このゴツイのがフック。
アイナットと言う金物で、下にあるコンテナ本体からM24という太いボルトを溶接してあり、そのボルトに取り付けてある。


大型車と13t吊りのレッカー車が来て、移動開始ーーー!!


乗ったー!
横幅は大型車の幅とピッタリ。
そりゃあ、この車で運ぶためのものなんで規格を揃えてある。


造成した部分にレッカー車を据える。
オペレーターのおっちゃんが、
「ほんまにこの電柱の上に乗せるんな???」
とビックリしてた。

いくら13t吊りとは言え、このコンテナハウスが3.7tあり、高さもあるし腕を倒していくと無理かもと、、、。
「危ないようなら、下に置くで!」
と言われたので、了承した。


いけるのかーーー!!??


結構微調整に手間取ったが、何とか乗った。


二個目!


ドドーーーン!!

、、、。
乗ったと言うても、、、。

電柱の小口に、コンテナの四隅を置いてあるだけ。

危なっかしい~~~、、、。

ここから、鉄板を溶接して固定してゆくのだ!!!

廃材天国
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA