お茶など販売中です

餌を自給する猫に鍛えるためには?

廃材天国で飼ってる動物は、柴犬のクー、鶏7羽、
以前は猫もいたが交通事故で死んだり、突然いなくなったりしてここ数ヶ月いなかった。

子ども達は猫が欲しいと切望してた。
で、猫の保護センターの里親募集の窓口に問い合わせてみた。

まず聞かれたのが、
「どういう環境で飼いますか?」
というもの。

最初は何を聞かれてるのかと思ったが、
放し飼いか、家の中で飼うのかという事だった。

猫は犬と違って、放し飼いで家の中も外も自由に行き来するのが普通だと思ってた。
どうも最近では家の中だけで飼う方がいいという考えもあるよう。

香川の保護センターから猫をもらって里親になるのであれば、
家の中で飼わないといけないというキマリがあるという。

もちろん、放し飼いにするつもりであった事を伝えて、そこからもらう事は諦めた。

アチコチに猫が欲しいと伝えておくと、すぐに知り合いが保護してる猫がいるという。
何でも言っておくと、もらえる話がくるもの。

 

もらった。

 

生後4ヶ月のオス。

 

元々ノラ出身ではないみたいで、すぐになついた。

 

小さいので好奇心旺盛。

何代にも渡って猫を飼ってるが、子ども達が欲しがるからという理由以外に、
「ネズミ対策」という目的が強い。

廃材の家は人間にとっても快適だが、ネズミにとっても理想的な環境らしい。
外には廃材のスキマなどに巣を作りやすいし、
鶏のエサがあったり、
上手く家の中に入るとこれまた隠れるスキマが多くて好都合。

という訳で猫が居てくれると全然違う。
ネズミ取りや、毒エサよりも、まさしく天敵。

 

このバッタやカエルを獲る訓練を今のうちからやってる。
今は土歩が取って来て、家の中で一匹づつ与えてる。

 

ショウリョウバッタは食べ応えがあっていいみたい。

 

カエルの方が美味しいようで、あまりいたぶらずにすぐに食べてしまう。

他にも土歩がカナヘビを捕まえてあげると、喜んで食べてた。
ちょくちょく鶏小屋に迷い込むスズメなども好物。
後、毎週日曜日の朝には近所のお魚市で大量に魚を仕入れるので、その捌いた魚の新鮮な内臓なんかも大好き。
最初からこういう新鮮なオーガニック食材に慣れておくと、カリカリのエサよりも好んで食べるようになる。

 

何しろカワイイので、子ども達には引っ張りだこ。
にこちゃんは毎晩一緒に寝てる。

ここの所はネズミは出ていないが、今後も猫の威厳を発揮して欲しいもの!

廃材天国
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA