お茶など販売中です

伝説のテント芝居の劇団「どくんご」が香川にやってきた

2018.10/21(日)劇団「どくんご」香川公演、大盛況やった~!!

善通寺市にある、四国88ヶ所の札所でもある「金倉寺(こんぞうじ)」にどくんごのテントが来た!!
うちからは移動式ピザ窯を出動。

廃材天国で生活が始まった翌年の2009年から毎年廃材置き場を片付けてテントを建ててた。
6年間うちでやった。
ただ、うちでは駐車場がなく、近所の田んぼを借りてた。
それも直前に雨が降って使えない年も何度かあって、一昨年から場所を変更。
今年で二回目となる金倉寺。

若い副住職夫妻は、お寺でこういう催しをする事に前向き。
ライブやヨガ、珈琲茶会など、毎月のようにイベントをされてる。

副住職曰く、お寺は元々近所の子どもたちの遊び場としてなど開かれた場所。
昔は自転車の練習など気軽に境内で近所の子が集まってたそう。
しかし、最近ではそういう光景がなくなって寂しいと。

そこで、様々な催しを試みられてる。
どくんごを受け入れてくださったのもありがたい限り。

広い境内の中で、ピザ窯予熱中。
焼きたてのピザを振舞った。

開演前にはどんどんお客さんが!
お隣では丸亀の「自家焙煎 珈琲倶楽部」のコーヒーも振舞われた。

薪の窯でいい感じに焼けるピザ。

開場直前には長蛇の列。

100人近い超満員になった!!

始まった~。

起承転結のようなストーリー無し。
前後の場面のつながりや脈絡無し。
突拍子無し。

爆笑アリ。
感動アリ。

果たしてこの芝居に何の意味があるのか?
果たして人生に何の意味があるのか?

翌日、廃材天国での打ち上げ。

全国巡業を毎年続ける劇団どくんご。

廃材の家で毎日薪を焚いて暮らす秋山家。

全然違う生活だがその根底には、
「自由に好きなことして生きる。」
という揺ぎ無いコンセプトが流れる。

そんな事やってて、
もし何かあった時どうするの?
将来は?
失敗したら?
人にどう思われるのか?

リスクや不安を踏みにじり、
意気揚々と前進する。

無理してやってては続かない。
飄々と、淡々と。

夢の実現とか、好きな事をするって、力みすぎてはいけない。
かと言って、先延ばしにしたり、出来ない言い訳を愚痴っててはもっといけない。

常に自分が何がしたいか?
何をしたくないのか?

この選択は日々瞬間瞬間に訪れる。

それを誤らないようにね~♪

廃材天国
http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL
http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA