お茶など販売中です

手数料を取られるサイトを使わずに、セルフでクラウドファンディングが出来る

廃材天国の陣です!

舞鶴のジビエ解体施設の工事も無事に終わりました。
さて今回は、ここの主人の清水祐輔くんがクラウドファンディングに挑戦しているという話です。

ちなみに「寒山」がジビエ施設、「拾得」は農家民宿の屋号です。

古民家をリフォームして、ジビエ解体施設の建設をする ①【屋根解体、配管、「やり方」】 古民家をリフォームして、ジビエ解体施設の建設をする②【コンクリート土間打ち】 古民家をリフォームして、ジビエ解体施設の建設をする③【建屋の小屋組み】 古民家をリフォームして、ジビエ解体施設を作る④【内装、設備から完成まで】

寒山拾得

名前の由来と清水祐輔、清水雅プロフィール

クラウドファンディング

これは僕はやった事はないですが、
よく聞くCAMPFIREなどのクラウドファンディングサイトで資金の募集をすると、
集まった額の20%も取られるそうなんです!
200万円集まると40万円ですから大きいですよね。

これをCAMPFIREを使わずに、自身で作ったサイトで資金を集める事も出来るのだとか!?
それをやっているのが、ecoばか実験室のモーリーです。

モーリーは何年も前に「廃材天国見学会」に参加してくれて、
廃材天国のブログをワードプレスに移行してくれたり、
彼の発明したコンポストトイレを廃材天国に導入したり、
非常に縁の深い同士なのです。

日本一のコスパを誇るコンポストトイレの施工法②(便座の作成と完成まで)

モーリーが自身のブログでクラウドファンディングについて書いてくれています。

自作サイトでセルフクラウドファンディングするメリットとテクニック

クラウドファンディングに思う事

クラウドファンディングの中には、
「それほんまに出来るんか??」
という怪しいものも少なくありません。

それからリターンの品が、
「お礼レター」
とかでは、よっぽどの友人ぐらいしかお金を払わないと思います。

そういう中で今回のジビエ施設へのファンディングは、
リターンが猪と鹿の肉という極めて具体的な商品です。

言わば、先払いで肉を買うという事になります。
しかも祐輔くんの捌いた肉のクオリティーは僕が太鼓判を押します!

祐輔くんのクラウドファンディングページ

【9/30まで】【目標150万円】
京都・舞鶴にジビエの解体処理施設を
設立するためのクラウドファンディング!

クラウドファンディングはコチラ

9月一杯が期限なので、是非肉を買って上げて下さいね〜!
肉を買うだけじゃなく、民泊の宿泊券や猟師体験というリターンもありますよー!!
是非サイトに行って下さいね!!!

8/23に赤ちゃんが産まれたばかりで縁起のいい、祐輔くんと雅を応援して下さい〜!!

何とクラウドファンディングもセルフで出来るんやね〜!
何でも業者に頼まずにセルフでやる事の意義は深いぞ。
その時に安くつくのはもちろん、
後々のメンテナンスもノウハウがあるから自分で出来る。
最初に弱腰で業者に頼むと、後で問題が起きてもまた業者頼みという情けない事を繰り返すのだ。
それから、自分の経験という貴重なノウハウをネットで公開したり、
人に教えたり出来るのも醍醐味。
こういうノウハウは必ず求める人がいる。
その先陣を切って実体験を伝えると、確実に信用してくれる。
ノウハウをネットでタダで公開すればする程、
その人の信用度が増して、後々仕事に繋がるのだ!
廃材天国の大工仕事でも営業活動は一切しないが、仕事はいくらでも入って来る。
これよコレ!
自分が惜しみなく出したエネルギーが形となって返ってくるのだ!!
出し惜しみすんなよーーー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA