お茶など販売中です

脱衣室のリフォーム、ウォークインクローゼット化①(解体編)


風呂建屋の屋根に谷を設けたことによって、離れとの間の部分に雨が入らなくなった。


次の課題は脱衣室中にドアを新設して、離れに行けるようにする。
このトイレの裏のガタガタした壁が邪魔。


まず、トイレの壁を全部取っぱらう。


超ふんだんにある廃材の山の中から板を物色。
野遊が薪ストーブ用の薪を運んでくれてる。
細いのなら、斜めにして最長108㎝まで入るから、折れた垂木の中から選べば切る作業も薪割りもナシ。


2㎝厚の座板の長いのがたくさんある。
廃材の山から、「おおっ、コレ使えそう!」と物色するのがこの上なく楽しい。
どうせゴミの山。
その中から、今使うのんび適した材を引っ張りだす。
丁度いいのがなくても、「まあ、これでもいいか。」とアッサリ妥協する。
最初から理想の仕上がりを描いてる訳じゃないので、別に何でもいい。


カットして洗ってビス留めする。
元々カンナの当たった材なので、洗うだけでキレイになる。


完成。
あっという間に完成したので、丸見え状態でウンコしたのは野遊だけだった。
野遊がインパクトに慣れてるので、僕が次のを切ったり洗ったりしてる間に打ちつけてくれた。

午後からは天ぷら油の回収と、「廃材天国見学会」の打ち合わせ。
博之さん、きょこさん、陣、彰子という今回のスタッフは4名。
前回の「自給自足合宿」の時は、京都の雅や山口のしょうたくんを呼びよせて6名という体制だった。

泊りの合宿は濃くてよかったけど、日帰りの見学会は初めてなので、どうなることやら♪
そろそろ締切り間近!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA