お茶など販売中です

脱衣室のリフォーム、ウォークインクローゼット化④(完成)

お正月明けにしょうたくんと完成させた、風呂の脱衣室の拡張工事。

その時の様子
http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e720620.html

その広くなったスペースに子どもたちと棚を作った様子
http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e731779.html


昨日土歩が最上段の棚をビス留めして、完成させてくれた。


ベニヤのボックスも4つに増やし、取っ手もつけて使いやすくした。
上の段には衣替え用の衣類袋も収納出来る。
これで、脱衣室がウォークインクローゼットとなり、全ての衣類の収納場所になった。
子ども服はもらいもので賄ってるので、まだ大きめのサイズのもストックしておく。
小さくなったものは、次のサイズの子に回す。

ここまで全て廃材で賄えた。
脱衣室の拡張のための柱からフローリング材、明かり取りのためのアルミサッシ、ドア。
棚の細い角材、板。
ベニヤボックスの材料まで。

何でも全てが揃ってる訳ではない。
今ある廃材を見渡し、「コレを使おう!」と決めて、即興で作る。
この柔軟さにより、何一つ買う事なく快適な生活が送れるのだ。
プラスチックの収納ケースまで買わずに済んだのが何より嬉しい。


お正月明けに漬け込んだたくあんも完成。
今回はちょっと欲し過ぎたけど、一ヶ月かけてじっくり発酵して漬かったたくあんは滋味深い。


塩分は7%と、少し濃い目にした。
よく干してるので薄くスライスしても歯ごたえ十分。

12月に漬けて、寒い時期に食べきるものは5%、暖かい時期まで保つのなら10%。
2月から食べ始めると寒い時期に無くなってしまわないので、その中間に設定した。

今後もじわじわと発酵が進みながら変化する。

食べるものや飲むものは、自然に発酵する変化を楽しむ。

住む家なり使う設備は積極的に変えて使いやすくする。

これが、廃材手作り生活の醍醐味だ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA