お茶など販売中です

2014年 姫さんの野草料理教室①(採集編)

姫さんの野草教室、相変わらず凄かったーーー!


まずは外で野草の採集の説明から。
姫さんの教室ではこの「採り方」をまず教わる。
輪ゴムとスーパーの袋を持参して、摘んだ野草を丁寧に束ねたりする。


廃材の家のキッチンの前の立派なノゲシから。


この「春のノゲシ」はサラダで食べられる。
「鬼ノゲシ」なんかはイガイガして食べにくい。


カラスノエンドウの採集。
先端の柔らかい所だけを採る。


この時期は先端部分を集めてお浸しでも食べられる。
もっと遅くなると野草茶にする。


ここにはセリが群生してる。


セリは根元の筋の入ってるポキッと折れる部分から採る。


家の裏にはミツバやシャクが生えてる。


移植したミツバが繁殖してる。


これがシャク。
コリアンダーに似た強い香り。


花が咲いてる種つけ花。
美味しく食べるには花の咲く前を採る。


ここからは廃材の家の外に出て散策。


ノビル。
球根を根こそぎ採らないようにするのが大事。


ハコベ。
これはサッと茹でるだけで最高のお浸しになる。


この休耕田にはツクシが一杯。
ということは後で野草茶用のスギナがたくさん採れる。


土歩は慣れてるので、ちゃんと胞子の開いてないのを集める。


これはペンペン草(ナズナ)。
これも花の咲く前に採るのが基本。
葉っぱは和えものに、根っこは驚愕の美味しさのキンピラになる。


タンポポはサラダで美味しい。


根を残して採ると、また来年生えてくる。
何でも根こそぎ採らないのが野草の採取の心構え。


帰ってきて、仕分けと掃除。
この作業が大事。


タンポポのサラダ作りのポイントを姫さんから伝授。
どの野草も姫さんの料理に天ぷらはしない。
天ぷらにしてしまうと何でも同じ味になってしまうから。


オリーブオイルを回しかけ、酢と醤油だけのシンプルな味付け。
うちの庭の鶏の卵がアクセントになって最高のサラダ。


フキノトウのジェノベーゼに仕上げのフキを散らす。


ランチは姫さんの野草パン(ヨモギの葉、フキノトウ)と野草パスタ。
パスタはフキノトウのジェノベーゼとノビルの2種。
あっこちゃんが作っておいた菊イモのポタージュも人気だった。
タンポポのサラダもあっという間になくなってしまう。


デザートには最近よく作ってるサツマイモのモンブラン。

ランチの後には、更にディナーのための掃除をみんなでお喋りしながら。

夜のディナーに累々出る料理は明日に続く。

姫さんの野草教室の凄さは、採集から掃除、料理と一連の工程の洗練された細やかさにある。
ザッと採る僕はいつも怒られる、、、。

野草=自分で育てなくていい
採る時期の見極めや、丁寧な採集と掃除を考えると、菜園の世話の方がよっぽど楽。

野草=タダ
文字通り、莫大な時間と労力をかけないと美味しく食べることなど不可能。

野草=その辺にいくらでも生えてる
こんな見当外れの感覚で採ってるから、タラの木がなくなったりする。

こうして書いてると、益々姫さんの草たちや自然に対する畏敬の想いに感心させられる。
菜園で野菜を育てようと、こうして野草を採ろうと、自然に対する人間の想いが重要。

単に天ぷらにしてすまわず、お浸しや和え衣作ったり、料理の感覚の鋭さも学べた。
参加者は普段の料理にも活かせるポイントが多数あった事と思う。

食糧難になるから野草を食べる?

問題を起こした時の価値観なりマインドセットと同じで、行動だけ変えたってダメダメ。
どうせまた、そこで採り過ぎてなくなったりと問題を起こす。

食糧難、金融危機、ワーキングプア、原発問題、癌、鬱、、、これらは全部同じ原因から起こる枝葉なのだ。

姫さんからはその根本を学べる最高の機会。
2014教室も最高の会になった!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA