お茶など販売中です

「みかんペースト教室」のご報告

あっこ料理教室「保存食編」。
今回はみかんペースの作り方と応用。
みなさん楽しんでくれたようで何より。


薪のアイランドキッチンでの、あっこ料理教室始まり始まり~。
愛媛、高知、徳島と県内の四国全域から集まって頂いた。
徳島から参加の20代の女性は、つい3日前に「廃材 入手方法」と検索して、「遂に来たか、廃材天国へ!」といううちのサイトを見つけて、すぐさま申し込んでくれた。
何と、借りてるアパートがボロい代わりに自由にリフォーム出来るという珍物件だそうで、自分でやろうとしてる。


あっこちゃんの説明の後、みんなでみかんをむきむき。


こうして半分に切るとむくのも早いし、煮詰める時にも早く汁が出て調子がいい。


煮詰めるには2~3時間かかるので、予め煮詰めておいたみかんペーストをビン詰めする。
この「脱気」には少々のコツがある。
あっこちゃんがうちでやってるやり方を指導。


めいめいに持参してもらったビンに詰める。


今回は蒸すやり方。


二段目に大きさの違うビンを蒸せるのがメリット。
これよりは肩ぐらいまでお湯につけてグラグラ煮る方が確実。

ここからはみかんペーストを応用する料理のための準備。


みかんペースト+3年醸造醤油
これが究極の自家製ソース!
ヒカリのソースにしたって超甘々やから、脱甘料理には最高。
砂糖と味の素の「オイシ過ギル」ソースありきの、焼きそばやたこ焼きとは別次元の境地。


蒸してる間に、あっこちゃんが自家製酒粕酵母で醗酵させた生地を出してきた。


鋳物のフライパンでナンを焼く。


菜園で自生してるノゲシを採集したり。


酒粕のトリュフボール。


人参のフライの準備。


薪の揚げ物は温度注意。
高温でパリッと揚げるのがミソ。
油は純正菜種油と純正ゴマ油を混ぜてある。
圧搾の油で揚げると美味しい。


そうこうしてると、薪ストーブの上のみかんがいい感じにトロッとしてきた。


予めあっこちゃんが作ってた、みかん蒸しパン。


人参のエビフライもどきにこのソースを食べてもらいたかった。


みかんペースト入りカレーとナン。
カレーパウダーなし、クミン、コリアンダー、ターメリック、カルダモンだけでカレー風になる。
これは小さな子どもでも食べられる唐辛子レスカレー。
ショウガと胡椒で大人も満足なカレーになる。
無理に小さな子にチリパウダーやカイエンペッパーを食べさせる事はない。
もちろん大人は後でチリパウダーを振り掛ける。
自家製豆乳マヨネーズでトロミとコクがでる。


ノゲシ、生の大根、ヒジキのサラダにみかんドレッシング。


トリュフボールはココアパウダーとココナッツパウダーの二種。


みんなで試食タイム。
いただきまーす!

今回は四国では当たり前に頂けて、食べきれないみかんをペーストにして脱気して保存するというのが第一目的。
更に、応用という事で、フライのソースからカレーや蒸しパンやスイーツまで網羅した。

しかし廃材天国でも、毎日のようにコレを使う事はない。
何でも「あるから使わな。」というモードで食べ過ぎてバランスを崩すと本末転倒。

作るのが楽しい。
工夫が楽しい。
やってるとどんどんアイデアが発展して、いくらでも作れる。

でも食べるのには限界がある。
この反比例が面白い。
作るのが好きな人は出店で金儲けすると、一石二鳥。

使われずに無駄に成りっぱなしで棄てられてるみかんは全国で何tどころか、凄い量やと思う。
これを無駄にしながら、オタフクのソースに幅を効かされてたまるものか!

美味しいものには絶対的な条件がある。
いい素材といい調味料。
これしかない。

いい素材を使わずに美味しくするのにも条件がある。
砂糖と味の素などの添加物。
これが外食産業なり、市販の加工品の絶対条件。
安くて美味しいのに、いい素材を使える訳ないし。

新鮮な魚を下ろして上のかめびしの醤油をつけると、最高に旨い。
更には純米酒という調味料を含みながら食さないといけない。
いくら脂の乗った新鮮な刺身も、脱脂加工大豆に水あめとアミノ酸の「刺身醤油」では台無しだ!

大手メーカーに蹂躙された、「オイシ過ギル」偽者からの脱却には、手作りしかない。
これは絶対だぞ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA