お茶など販売中です

雑木の廃材を頂いたので、薪にする

G.W.中、なじみの解体屋から電話。

「雑木の丸太が出るけど、要る?」
「直径15cm~20cmのクヌギが中心で、枝や葉っぱはのけとるきん。」

!!!
これは素晴らしい話。

雑木の丸太は、以前はよくシルバー人材センターが持ってきてくれてたけど、最近はメッキリ来てない。
家屋の解体材は使い切れない程いくらでもあるが、雑木はやはりいい。
燃料としては最高。

廃材生活を15年もやってるが、まとまった量の雑木を持って来てくれるという話は中々来ない。
時に解体屋が道路拡張のための伐採を受けると大量に出る。

しかも、次のプロジェクトの「新鶏小屋作り」に角材の廃材じゃなく、雑木の丸太を使えるじゃん!!
丸太建築は楽しいからねーー。

でも、、、。
あいにく、廃材天国の廃材置き場は超たくさんの廃材に占拠されてる。


こんな状態だった。

持ってきてくれるのが、電話をもらった朝の翌朝。
「まあ、一日あれば切って運んで積み込めるか。」
と考えながら、「はい、頂きます!」と快諾してしまった。


チェーンソーで、オラオラオラとラッシュで切りまくった。
ちゃんと整備された道具が揃ってると、スーパーに速い。
普段から刃をギンギンに研いでおかないと、こういう美しい仕事は出来ない。
運ぶのは子どもたちも手伝ってくれて、一気にやっつけた。


長さ60cm~80cmで切って、焼却炉型薪ストーブの薪としてストックする。
今シーズンよく使って、ストックがほぼなくなりつつあったので、また今年の冬までにこうしてコツコツためてゆく。

たった一日の作業で数週間分の薪が生産出来る。
しかも、電話一本で持ってきてもらえるタダの廃材で。
これを石油や電気での熱エネルギーに換算すると、何万円相当なのか?
計算するのもアホらしいぐらい、滑稽な現実。


最後に風呂やカマド用の薪にするのもめんどくさいような木っ端は、野焼きしてキレイになった。
まだ奥には今回処理した量×3ぐらいあるが、こんだけ広くなれば今回は大丈夫。


翌朝、早速雑木搬入。
4t車一車分。


更に、2t車一車分。

いやー。
こうして、「要る?」という電話に即答で「はい!」と答え続ける限り、左ウチワの廃材生活が減速するような事はない。

連休中にガッツリ作業をするというのも、喜ばしい事。
休まないと回復できないような消耗仕事に時間を奪われるな!

自分の生活のための労働にオンもオフもないぞ。
しかし、そこまでシャカリキに頑張ってる訳じゃあない。

チェーンソーの心地よい切れ味。
胸のすくエンジンの吹けあがり。
それでジャンジャン薪が生産出来る。
その薪で料理して美味しい肴をせっせと作る。
そういう作業を楽しんで、夕方のビールが美味しい。

これら一つ一つのそのもののためにやってるのだ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA