お茶など販売中です

廃材で作った倉庫に扉を自作①(まずは大きな蝶番を自作する)

廃材パイプハウス倉庫の巨大ドア。

去年の3月に片側だけ作った。
http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e736026.html


コレ。
結局、未だに板を張る所までやらずに未完成のまま。


反対にもドアをつけようと思い立った。

というように、急に、「おっ、コレしよ!」と思いつく。
で、即取り掛かる。


早速、いきつけの鉄工所に行って、鉄の廃材をもらって来る。
これで、強力蝶番を自作する。

「また、何が出来るんや~。」
と、鉄工所の社長は面白がってくれる。
そいで、「これはどうや?」
と、ホイホイ気前よくくくれる。
ほんと、ありがたい!


まずは、材料をカット。


こんな風に置いてみる。


まずは片側を溶接。


反対側も溶接。


ドア側には負荷がかかるので、長くする。


6つ作った。


穴あけ。
ボール盤は持ってないが、低速ドリルをスタンドにつけて使ってる。


最後の仕上げに、芯棒が落ちないように小さな破片をつける。


こんな感じで柱につける。


一つ一つの部材をその都度、現場合わせで置いてみては、ビスでつける。


上の部材もつける。


縦の部材。
ちょっと、廃材置き場を物色すると丁度いい廃材があるもの。


筋交いを入れて強度が出たので、動かしてみた。
スイスイ上手く可動する。

前に作ってるので、段取りが分かってて超速い。

この調子で最後まで完成させよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA