お茶など販売中です

新鮮な石垣鯛をもらったので、刺し身にしてみた

知り合いの割烹屋の主人から電話。

「石垣鯛を大量もろたんやけど要る?」と。

当然、即答で、
「要ります、要ります、要ります!!」
と、答えて、店に天ぷらカーを走らせた。


お店の常連さんが釣りに行き、大量に釣れたので頂いたそう。


たくさん過ぎたので、弟の家や実家にもお裾分けした。


超新鮮でカチカチに活かってた。


ジャン!
飾りの葉っぱは「わさび菜」という野菜で、あっこちゃんが好きで作ってる。
本当にわさびのようにピリッとするので、薬味に最高。


白身なのに超脂が乗ってて、旨いのなんの。


アラのお吸い物がまた抜群の味。


全部下ろしてから他の家に配ったので、肝は全部とっておいた。


食後に一仕事する。
必殺の低温ボイル。


15分ぐらい茹でて、よく水を切る。


タッパーに詰めて、味噌で上下サンドイッチする。
もちろん酵素の活きた「大豆、麹、塩」だけで作られた味噌が望ましい。


一晩漬けて、取り出して洗った状態。
このやり方は、鶏の肝や他のレバーでもいい。

やはり、一本釣りで釣り立てというのは凄い!
翌日は鍋料理にしたが、それでもまだ魚体は固かった。
網で獲った魚はこれほどの鮮度を維持できない。

そもそも、こういう状態のものは魚屋には流通できない。
割烹屋の主人とは長年の付き合いで、こうして声がかかるのがありがたい。

声が掛かるというのはどういう事か?

大抵のパターンは、
「めっちゃくれたけど、どうしよ~。」
「おっ、あいつに言えば、すぐに大喜びで取りにくるぞ。」
と僕の顔が浮かぶ。
で、電話が来る。

すると、何をさておいても、すぐさま駆けつける。

美味しく頂いた後で、「とんでもない美味しさでしたー!!」とお礼の電話をする。

やっぱり、喜んでもらってくれる人には声が掛かりやすいのだ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA