お茶など販売中です

家庭の刃物研ぎには、電動研ぎ機があると便利

先日の石垣鯛を捌いた時に、出刃包丁のカケが気になった。

カブト割りや、骨を叩いて、お吸い物用にバラすとどうしても出刃はカケる。


20年近く愛用してる出刃包丁。


こういう大きなカケを普通の砥石で研ぐのは相当困難を極める。


そこで、この電動刃物研ぎ機の出番。
元々は廃材建築を始めた時、電気カンナの刃を研ぐために買った。


まずは荒砥(200番)で、大きなカケがなくなるまで研ぐ。
手で研いでたんでは、いつまでかかるのか?というレベルでも、こうして研げる。


これは中砥(1000番)で研いだ所。
ここで既にソコソコ切れるまでにはなる。
向井さんという研ぎ職人に頼んで、打ってもらった。
「倭」向井上作という銘。


土歩のリクエストで、ナタも研ぐ。


これもかなりガタガタで、刃物としての切れ味は皆無。
幅広の板を割る時ぐらいには使えるが、土歩が色々工作する時に削ったりが出来なくて、砥いで欲しかったよう。
さすがに子どもでは、電動砥石に刃物を押さえつけるには力が足りない。


バッチリ切れ味復活。


ノミも。


ここまで研ぐと、鰹節のように薄く木を削る事が出来る。


ついでに電気カンナも研ぐ。


ここからは普通の砥石の出番。
右から荒砥、中砥石、仕上げ(6000番)の順番。


6000番の仕上げ砥石で研ぐと、いよいよ強烈な切れ味になる。
特に出刃の切っ先が、魚を三枚に下ろす時の要なので、丁寧に研ぐ。


出刃包丁以外の包丁も研ぐ。
出刃以外は電動砥石で研ぐ程のカケはないので、手で研ぐ。

その時も砥石は必ず「荒砥」から。
これは刃物屋の主人に教わった、研ぎの基本。
「ちょっと研ぐだけやから、中砥でええわ。」というのを繰り返す事で、どんどん「刃」のエッジのシャープさが出にくくなる。


柳刃も荒砥→中砥石、仕上げという順番で研ぐ。
ここまで研いで手入れしておくと、次に魚を下ろす時に快適な仕事が出来る。

こういう刃物の手入れは手作り生活の鍵。
ここをしっかりやってると、何を作ってもサクサクと気持ちよく料理出来る。

チェーンソー、丸ノコ、電気カンナ、ノコギリ、ノミ、、、。
これらも全く一緒。
材料は廃材でも、道具の切れ味が悪いと、ダメダメ。

林業の職人は休憩の度にチェーンソーの目立てをする。
大工さんもノミやカンナをしょっちゅう研ぐ。
寿司職人も毎日包丁を研ぐ。

プロはこういう事を徹底するのに、家庭の包丁やDIYの道具の手入れが不十分というのはよくある。
全てにおいて、プロ仕様の道具なり、刃物を揃えるのは大変。
でも研いだり、刃を交換したりと、ちょっとの心がけで全然違う。

一つの仕事に専念する職人じゃなくとも、医食住、エネルギーの自給という生活全般を手作りするのだ。
その作業の一つ一つに、
「またあの作業かー。」
「アレって大変なんよねー。」
と重い腰が上がらなくなると、自給生活は滞る。

包丁を握るのにワクワクする。
チェーンソーの切れ味に快感を覚える。
草刈り機の作業が爽快。

という風に、
①手入れされた道具での作業って、取り掛かる前からモチベーションがアゲアゲ。
②作業中も快適で気持ちがいい。
③結果として、何をやっても上手くいくようになる。

こういう順番。
特に滅多にしない作業こそ、日曜日の楽しみのような趣味的要素もある。

これこそが、
生活=仕事=遊び
という公式を成り立たせるユエンなのだよ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA