お茶など販売中です

【古民家再生】神戸の外れの築100年超えの古民家をリノベーション⑥(階段、踊り場、トイレ編)

神戸市西区押部谷の「うぶすな助産院」はいよいよ、3/20にオープンした。

今回も、合宿体制での詰め込み型ワークショップがあった。
第五回目のワークショップだった。
その講師として行って来た。
3/17の早朝に出掛けて、3/21に帰って来た。

実際には、ワークショップという和やかなもんではなく、全員ひたすらガッツリ労働。
僕も講師というか、何とか間に合わせるために職人として全力での作業。
僕が指示して誰かが出来る場合はそうするし、僕の作業の手間として大勢居るので、素晴らしいスピードで進む。

第一回目の様子

第二回目の様子
第二回目続編

第三回目の様子

第四回の様子


築100年超えの古民家の再生工事も大詰め。
作業には一番いい季節に、ラストスパートを迎えた。


漆喰を塗ったり、まだまだ作業はある。


新品のトイレの据付けは僕の仕事。


他の字の座敷の真ん中の柱。
この根元が少し腐ってるのと、柄石が不安定なのを解消して欲しいと頼まれてた。
右側二部屋は畳が入るので、畳屋さんが来るまでに片付けないと!
この写真は、一旦床板を剥がしている最中。


敷居を切って、この柱の隣に新たな柱を沿える。


四寸角の廃材があった。
ソリやヒネリのない、最高の状態のもの。


丸ノコで直角にカットして、電気カンナで磨くと、新品同様になる。


既存の柱に沿わせた。
柄石の上に更に石臼が乗せてあり、何だか不安定、、、。


羽子板ボルトを入れて。


全体を大きめの型枠で囲んだ。


コンクリートの練り方を教えて、流し込んでもらう。


かなりシッカリとした基礎になった。


玄関から入った所の土間。
ここの吹き抜けに階段を作る。
元々、二階は物置きとして、ハシゴを使って登っていたような形跡はあった。


角度や付け方なんかを考えながら、まずはこういう部品をつける。


こんな感じ。


こう来て。


三寸角ダブルにして、胴縁で踏み板を置くための台を両側につける。


ジャン!
踏み板は20㎝×3、5㎝という、足場用の板。
三寸角ダブルと足場板で、めっちゃシッカリとした階段になった。


ここからが更に考えた。
この漆喰の壁の上まで行きたいが、上の梁が邪魔になるのと角度が急過ぎるので、ここで階段を90°曲げる事にした。


こんな風にした。


各所で色んな作業を同時進行。
これは壁土を振るってる所。


メインの座敷二間は吹き抜け。
高い壁も上まで全部漆喰で仕上げる。


仮の足場を梁の上に渡して、漆喰を塗る。


見事上まで完成。


他にも塗り残してある場所があった。
ここは畳が入る部屋なので、急げーーー。


廊下の壁もちゃんと上まで塗る。


さあ、壁も塗り終わった。
「畳屋さんが来るぞー。」
「掃除、掃除!」


立派な新品の畳が入り始めた。


畳も無事に入り、「きらめ樹間伐材」のフローリングの養生も外し、いい感じ~。


最終日だけど、まだまだ仕事はあるぞ。
トイレ設置の前に、給水管の漏れを直さねば。
映太の所のスタッフがチーズ(T型の分岐ソケット)をつけたけど、漏れるみたいで、補修テープで巻いてもダメだったよう。


写真では分かりにくいが、塩ビ管をバーナーで焙って、角度を調整して入れ直した。
これで、バッチリ。


で、トイレの設置。


トイレはタイルで仕上げるので、便器を嵩上げしておく。


これで、設置完了。


給水ソケットも便器と同じレベルまで嵩上げする。


トイレ工事が終わって暗くなっても、まだまだ。
これは、階段から上がり、二階の廊下部分を新設した部分。
ここに手摺りをつける。
20日のイベントには子どもたちもたくさん来るからね。


最終日は8時頃までやったけど終わらず、結局イベント当時の午前中までかかった。

簡単に角材でやれば早かったんだが、映太が丸太に拘りたいと。
「丸太と言えば、チェーンソーワークの出番だ!」
という僕もノリノリでやらせてもらった。
こういうのは急ぎの時は、チェーンソーをノミのように使って削り込んで合わせる。
本当はノミでコツコツ削って、丁寧に合わせるんだろうが、、、。


完成したのは、オープニングイベントの1時間前という、ギリギリぶりだった、、、。


やっつけの割には、ソコソコはピッタリさせる事ができた。


九州から北海道まで、全国各地からお客さんが来てくれた。


手前の部屋まで、満員になった。


二階席は子どもたちのお気に入りになった。


映太登場!

この古民家再生は、映太が主宰の「バースカフェ」が母体となっている。
それだからか偶然にも、この3/20が取り掛かりから十月十日という面白さ。
イベントの日を決定した後で、最初から計算した時には、スタッフ一同ビックリしたそうな。

その去年の5月からの作業の流れをスライドショーにして、皆に見せてくれた。
最後には涙なしには見られない程の、とんでもなく皆の想いの詰まった完成になった。

映太のスタッフは若くて経験もなかった。
9月から現場の中心のナオトと、12月から来たチュウ太郎の二人は本当によくやったと思う。
事務局の愛子さんは映太のハードスケジュールを陰で支える役割。
そこへ、2月からヒナノという若いスタッフも加わっている。

僕も月に一度×5回も関わらせてもらったが、こんな現場はヨソでは経験した事がない。
ワークショップの度に、参加者が増える一方。
みんな参加費まで払って、ガッツリ労働して、
「また来たいですーーー!
と、感激して帰る。

それは、一重に映太の本気さに触れて、その想いに賛同するから。
それとここに集まる仲間の縁は素晴らしい。

既に、バースカフェで出会って結婚して、何と赤ちゃんを授かったという人も居る。
この「うぶすな助産院」という拠点が出来たので、これから更に加速するのだろう。

このプロジェクトに関わって欲しいと、映太から電話があったのが去年の9月。
どこの工務店や設計士、大工さんに見に来てもらっても、
「修理は不可能なので、建て直した方がいい。」
の一点張りだったそうな。

もちろん、建て直す(2~4000万円)ぐらいの予算をかければ、出来ない事はないんだろうけど、、、。
例えば、瓦や壁は全部取り払って裸にして、傷んだ柱や梁もかなり取り替えて、、、という具合に。
いわゆる「古民家再生」というのはそういうイメージがある。

それを、棟梁も素人(僕)で月のうち3日しか来ない。
後は自分たちでやってしまおう、という意気込みには恐れ入った。
しかもコツコツと何年もかけて、というのではなく、ほんの10ヶ月でやり遂げた。

最初の数ヶ月は、周りの草刈りや家の中のゴミ出しだけでも大変だったそう。
僕が最初に行った、10月には、腐った床や天井は解体されて、ガランとした状態だった。
そこから怒涛の5ヶ月で、ここまでやってるんやから、大したもの。

僕は自分一人でコツコツやるタイプ。
でも、ここの「みんなでつくる!」というコンセプトは、実は危うい。

「みんなで。」って、よく使われる言葉。
しかし、「みんな」という人は居ない。
よっぽどの想いが中心になければ、必ず計画は頓挫する。

ここまで、延べで500人という人が関わってここまで来たそうな。
そこは繰り返すが、映太の想いと牽引力やと思う。

僕も色々と考えさせられる所は多かった。
随分、成長させてもらえたようにも思う。

本当に、関わらせてもらって嬉しいプロジェクトだった。
今後の彼らの活動も見守って行きたいと思う!!


萱葺きカー!
僕個人としては、映太の同級生の萱葺き職人との出会いも面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA